2023年5月13日に開催された第2回税制調査会では、経済社会の構造変化に対応した税制の将来的なあり方についての議論が行われました。政府は、経済成長と財政健全化の両立を目指し、少子高齢化、グローバル化、デジタル化などの変化に適応する税制の見直しを求めています。

議論の焦点は、個人所得課税に関する中立的かつ公平な税制の構築であり、特に人的控除の重視や各種控除の見直しが提案されました。これには、企業年金や個人年金の税制見直し、給与や退職金、年金給付の間の税負担バランスの考慮が含まれます。また、個人住民税の充実と地域経済の変動への対応も重要視されています。

所得再分配機能の強化も議題であり、総合課税と分離課税の税負担率を分析し、所得控除の効果的なあり方を再評価することが求められています。さらに、デジタル技術を利用した納税の利便性向上や公平性の確保など、税制の信頼性を高めるための取り組みも検討されました。

この会議は、今後の税制改正の方向性を決定する上で重要な役割を果たすことが期待されており、日本の経済社会の動向とともに、税政策がどのように進化するかが注目されています。

詳細は、下記リンク先にてご確認ください。

  • 税制改正 配偶者控除 給与所得控除 退職所得控除 

第2回 税制調査会(2024年5月13日)資料一覧https://www.cao.go.jp/zei-cho/gijiroku/zeicho/2024/6zen2kai.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です